ラミネーターの選び方

ラミネートの事ならキレイにラミネート.com

ラミネーターの選び方

@「加工するサイズ」について

ラミネーターを選ぶ上での最初の基準は加工できるサイズになります。一般的に使用されるラミネーターは「カードサイズ」、「A4サイズ」、「A3サイズ」の3タイプになります。
ラミネーターは基本的、カードサイズまでの加工でしたら「カードサイズ対応」、A4まででしたら「A4サイズ対応」で使用できます。しかし名刺やプライスカード、ハガキだけしか加工されない方でも、A3対応の大きな機種を選ぶ方が多くいるようですその理由は効率になります。
カードサイズを加工する時に、小さな機種で1枚ずつ処理するのと、大きな機種で4〜5枚平行してやるのでは処理速度が4〜5倍になってしまいます。また、大きなサイズも加工できて、何かと用途が広がり使い勝手もいいのです。名刺印刷後に作成するなら、A4サイズに6枚以上は乗せられるので効率がいいです!
ラミネーターには「大は小を兼ねる」という言葉がぴったりなのです。置き場所とご予算に余裕がある場合は少し大きめのラミネーターを購入する事をおすすめします。

A「加工する厚さ」について

ラミネーター選びには加工するフィルムの厚さにも注意しましょう。フィルムが厚くなると、ラミネート加工に必要な熱量も増えてきます。そのため、推奨よりも厚いフィルムを加工すると、熱不足となり、白っぽくなってしまう場合があるのです。また、厚くてラミネーターに通らない場合や、通っても途中で止まってしまう事もあります。
お使いになるフィルムの厚さに合ったラミネーターを使用しましょう。各フィルムの特長は下記の通りです。

100ミクロン 最も一般的なフィルムです。通常の使用や掲示物などであればこのタイプです。
150ミクロン やや厚めのフィルムで、反りにくく丈夫なフィルムです。100ミクロンより耐久性があるので、お店のメニューなどに最適です。
250ミクロン 厚いフィルムです。加工後はプラスチック板の様に硬くなります。専用の機械が必要になります。
350ミクロン 特厚いフィルムです。加工後はプラスチック板の様に硬くなります。専用の機械が必要になります。

B「一度に連続して加工する最大枚数」について

一度に連続して加工を行うと、ラミネーターによっては徐々に熱が不足し、加工後に白っぽくなったり、再び温まるまで待たなければならなくなってしまします。この連続枚数はラミネーターの熱量(ワット数)やローラーの太さ・数などによって変わります。一度に2〜3枚加工するのであれば、特に気にする必要はありません。

C「仕上がり」について

最近のラミネーターはどれもきれいに加工でき、「濡れない・破れない・汚れない」というラミネートの特性を活かす通常の利用では全く問題ありません。しかし、ラミネーターの構造により、加工仕上がりに若干差があるので、用途によって選ぶといいでしょう。ラミネート市場のラミネーターには2本ローラー、4本ローラー、6本ローラーの3タイプがあります。ローラーの本数が多いと、仕上がりもよくなるのです。

【2本ローラー】
ヒートローラーのみで加熱・圧着・フィルム送りを同時に行いますので、やや安定性に欠け、A4・A3など大きなサイズを加工するとフィルムが反り気味になってしまう事もあります。(カードサイズでは反りはあまり目立ちません)ラミネートの「濡れない、破れない、汚れない」という特性は十分得ることができます。

【4本ローラー】
フィルムをヒートローラーで加熱し、プルローラーで引っ張りながら圧着していきます。反りが抑えられ、きれいに仕上げることができます。価格と仕上がりのバランスがよく、パーソナル利用でもある程度仕上がりにこだわる方にはおすすめです。

【6本ローラー】
4本のヒートローラーで効率よく加熱して、2本のプルローラーで引っ張りながら圧着するため、そりの少ない美しい仕上がりになります。仕上がりにこだわる方、仕事でラミネートを使われる方にはこの方式がおススメです。また安定した熱供給ができるため、一度に大量の加工をされる方、250ミクロンなど厚いフィルムを加工される方にもおすすめです。

D「最大加工厚さ」について

最大加工厚さはフィルムと加工物(コピー用紙や写真)の厚さを合わせたものの最大値の事です。定めれられた値以下でしたら問題なく加工する事ができます。定められた値を超えた厚さのものを通すと、途中で詰まったり、ラミネーターが壊れてしまう恐れがありますので注意しましょう。特に押し花や凹凸のある紙では注意が必要になります。ラミネーターごとに最大加工厚さが若干異なるので、フィルムの厚さ、加工物の厚さによってラミネーターを選ぶようにしましょう。

E「逆回転機能」について

逆回転機能とは、万が一フィルムがローラーに巻きついてしまった時、投入したフィルムが出口から出てこないと気付いた時に、ローラーを逆回転させて、フィルムを取り出す機能の事です。
ラミネーターの故障で最も多いのが巻き込み故障で、原因の多くはフィルムを逆から(開いている方から)ラミネーターに通してしまうことと、正しく紙をセットしていないことになります。一度巻き込んでしまうと、簡単には取り出せず、有料修理になってしまう場合もあります。
逆回転機能がついていれば、途中で失敗に気付いてもすぐに対処でき、安心して使う事が出来ます。(フィルムを全て巻き込んでしまった場合、逆回転機能だけでは取り出せないこともあります。)

F「スピードコントロール」について

業務用タイプにのみ装備されている機能の事です。大量の加工をする時にスピードを上げたり、紙とフィルムの相性によってはスピードを落としたりと、より高度なラミネート加工をする際に使用する機能です。

G「温度調節」について

ほとんど全てのラミネーターに装備されている機能になります。フィルムや加工物の種類により温度の設定を変更します。一般に白っぽくなる場合は温度を上げ、波打ったように凸凹ができる場合は温度を下げます。フィルムや紙の種類に応じた最適温度は各機種によってことなりますので取扱説明書や本体に目安が記載されていますので参考にしましょう。

H「ウォームアップ時間」について

ラミネーターはアイロンのような電熱器ですので、温まるまでにやや時間がかかってしまいます。このウォームアップ時間はワット数やローラー本数、ローラーの太さ等によって変かわります。また、周囲の温度によっても大きく異なり、気温の低い冬季はウォームアップ時間が長くなります。機種によって異なりますが、ウォームアップが終わって準備完了となると、ランプが点灯したり、ブザー音が鳴ります

recommend

最終更新日:2014/9/11

ページの上へ
キレイにラミネート.com コピーライト